2016
06.28

防音メガフォンの作り方|防音マイクも防音室も高くて買えない人向け

役立つかもしれない

<スポンサードリンク>

自宅でカラオケ!近所迷惑防止に防音メガフォン作ってみた

どうも、ケロです。
ストレス発散に叫びたい時ありますよね。カラオケもいいけど、毎回は出費がかさみます。
そこで、最近、「防音マイク」というものがあることを知り、購入しようかかなり悩みました。

それがこれ↓

1人deカラオケDX

でもこれ5000円位するんですよね。
しかもシルエットが、トイレのボットン(正式名称わからず)みたい。。
買おうか迷いましたが、口を大きく開けるのは難しそうなので、
自作してみることにしました。

用意したのは、これ。メガフォンと、低反発マット
ダイソーで購入したものです。
防音メガフォン1
一枚でも大丈夫そうなんですが、念のために2枚用意しました。
無地のマットは108円と思ったら、150円でしたが・・合計378円ですね。
防音メガフォン2

雲形のマットは、ヨガマットみたいに、むちっとした素材です。
カーペットとか、音を吸収しそうなものならなんでもOKかと思います。
防音メガフォン3くるくるっとまいて、メガフォンに沿うよう押し込みます。防音メガフォン4

余ったところは、カットして折り返してセロハンテープで止めます。
防音メガフォン5

続いてカーペットも同じように重ねます。
防音メガフォン6

テープでとめます。
防音メガフォン8メガフォンの穴の小さい方は、余ったマットを丸めて封じます。これで完成です!
お疲れ様でした!

で、自作メガフォンの音漏れはどうなの?

気になる、防音効果ですが、 思ったよりは効果があります。
自分ではわかりにくいので、 録音してみるとわかりますが・・・

半分ぐらいの音量くらいになります!

期待しすぎても落胆が大きいので予防線をはっておきます笑

私はこれで、時々発声練習をしてるんですが、
メガフォンの口が大きいので、大きな口で発声出来るのがいいです。
あと、低反発のまくらに押し当ててやると、さらに効果大です。

人間ってパソコン作業を長時間していると、呼吸が浅くなって酸欠状態になるので
喋ったり歌ったりすると、空気が送り込まれてスッキリするらしいです。
まぁ、深呼吸でもいいんですけどね。

ストレス発散に用意しておくのはいかがでしょうか(^ω^)

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。