2015
12.31

腱鞘炎って何科に行けばいい?整形外科?整骨院?治療代も公開

役立つかもしれない

<スポンサードリンク>

前回の記事で腱鞘炎対策グッズについて紹介しましたが、 寒さもあるんでしょうか。痛みがぶり返し、結局病院に行くことになりました。 しかしそこで疑問が。

あれ?腱鞘炎って何科?外科だったけ?整形だっけ?整骨院だっけ?

とわからなくなったので色々調べて実際に行ってみました。 <前回の記事> ・腱鞘炎の根本的原因を抹消!痛み対策グッズで症状を取り除こう!!

まず、腱鞘炎の場合「整形外科」に最初に行くのがいいそうです
私の浅はかな知識では「整骨院」が近くにあるから行こうと思っていたのですが、そもそも整骨院にお医者さんはいないのです。 整形外科に行ってお医者さんに診てもらうのが先です。また自分でマッサージしまくると炎症を起こし痛みがひどくなる場合がありますので気をつけて下さい

腱鞘炎で激痛!「整形外科」に行ってきました!治療と費用を記録

予想通り、腰の曲がったご高齢の方が大勢おり、個人クリニックですが約2時間待ちでした。
診察内容はというと、最初に問診をしレントゲンをとります。 このレントゲンをとることによって、中身、つまり単なる痛みではなく他に原因があるかを調べます。 自分の場合は特に他に異常があるわけではなく、

腱鞘炎=ドゲルバン病(狭窄性腱鞘炎)でした。
つまり根本的原因をきちんと調べるわけですね。
ドゲルバン4こんなチラシをもらいましたよ。診断方法は簡単です。下の画像のように親指を中にいれ、クイッと前方に倒してみてください。
アタタタダタ!!!!
はい。あなた腱鞘炎ですね笑
ドゲルバン3痛いんだこれが。私の場合パソコンやスマホの使い方が主な原因です。この絵面白いですねぇ↓
ドゲルバン5また治療法としては、薬や湿布で治らない場合、「注射」やし「手術」をします。このイラスト怖すぎるから、小さくしておきます。。
ドゲルバン6ということで、私はもちろん「薬」と「湿布」をお願いしました。
ドゲルバン1ジェネリックを選んでも100円位しか安くならないという事実発覚。
飲み薬、胃薬、湿布、塗り薬です。

もらった薬

  • ロキソプロフェンNaテープ
  • スミレチック3%(フェリビナク軟膏3%)
  • セレコックス錠100mg
  • ファモチジン錠10g

一番即効性があったのがスミルチック。これはよくCMでやっている肩こりに塗る薬みたいなのか?と思って塗ってみると、スーッとしますがキツすぎて目までしみてくる、なんてことがありません!き、効く!手首の痛みがマシです。

ドゲルバン2

飲み薬も飲んでいるせいか、2週間ほどで治りました。
では、お会計です。

整形外科での治療費(初診)2060円
薬と湿布代 1460円
計3520円でした。結構しますね。

腱鞘炎で整骨院に行ってきた!初診料と診察内容。少しよくなるよ

さて、続いては整形外科ではなく、「整骨院」にいってきたので
こちらについても書いていこうと思います。

「激痛」からは解放されましたが、慢性的な凝りのようなものはなくならず
整骨院にマッサージしに行ってきました。最近整骨院多いですよねー

問診後、電流が流れるパッドみたいなものを腕にとりつけ
ほぐします。のちにこの気持ちよさに味をしめた私はこの機械がほしくなり、
家庭用の低周波治療器エレパルスという商品を買ってしまいました笑

その後若いお兄さんがハンドマッサージをしてくれます。手と銀のコロコロを使ってほどよい強さでモミモミしてくれます。
時間でいうと、電気治療器→マッサージで1時間ほどです。何も考えずにぼーっとしてる時間は有益だった、、、。痛みもかなり和らぎました。次の日からまた働くのでそりゃまた凝るだろうけど、またいこうかと思いました。

では治療費です。整骨院(初診)で960円でした!
腱鞘炎で悩んでいる方は自分でグッズを買ったりマッサージをするのもいいですが
一度病院にいくと治るのが早いですよ〜( ^ω^ )

<スポンサードリンク>

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。