2017
08.07

今すぐ使えるかんたん Premiere Elements 15レビュー。

ネットとデジタル, 読書感想文

<スポンサードリンク>

今すぐ使えるかんたん Premiere Elements 15という本を購入しました。

ネットでなんでも調べれる時代にわざわざ本を購入する意味あるのか?と思うかもしれませんが、結果からいうと、ありました。ネットで事前に調べていたこと以外で知れたことがありました。最初にネットで検索可能な機能といえば、youtubeで上がってる動画を作るための機能です。

カット(編集)、早送り、巻き戻し、拡大、テロップ、モニターinモニター、
モザイクをかける、一部を隠す、効果音をつける、ナレーションをつける

みたいなことです。まぁこれさえわかれば他に必要なこともないと思いきや、あったんです。
それはなにかというと、

☆レイヤーを増やせる(トラックをいくらでも追加できる)エレメンツは3つだけだと思っていた。
☆2つの画面を並べて再生できる
☆オリジナルイラスト等を動かせる
☆動画に同じ動画を重ねてエフェクトをつけて味のある動画に仕上げれる。
エフェクトを自由な時間範囲に適用できる

特に、5つめの「エフェクトを自由な時間範囲に適用できる」これは知っておいて損のない機能です。
この本を読む前は、効果をつける場合、動画をわざわざ切ってエフェクトをかけていたのですが、
そんなことをしなくても、調整レイヤーをつければ、調整レイヤーにエフェクトをかけられるのです。
いわばphotoshopでいうマスクがかけれる感じです。
この情報はあまりネットになかったので、買って良かったです。

今すぐ使えるかんたん Premiere Elements 15

youtube用の動画ならPremiereでなくてもエレメンツでも十分だと思います。
私の場合、そこまでの機能を使わないので、Premiereで毎月、もしくは1年分使用量を払うのはなんだかなぁと思っていたので、エレメンツにして良かったと思いますよ。

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。