2016
07.29

Audible(オーディブル)継続決定!メリットとデメリットとは?

ザ・日常ログ

<スポンサードリンク>

Audibleのデメリットをつらつら

1ヶ月1500円と少し高めのAudibleを継続課金することにしました。
最初は、必要ないかなーと思っっていたのですが、聴いてるうちにハマっていきました。
そこでオーディブルのメリットとデメリットをあげたいと思います。

Audibleのデメリットその1「値段が高い」

いきなりデメリットです笑 やはり気になるのは、1500円という値段の高さ。 毎月1500円も払うのに、買い切りじゃないですね。 つまりHULUと同じように継続課金しないといけません。 月に3冊くらいは何度も聞けるようにしてほしい。

Audibleのデメリットその2「自己啓発多すぎ」

自己啓発本が多すぎます。 似た内容も多いので、1冊読んで習得するより、 全然頭に入っていない気がします。 まぁ1冊だけ読んでも1冊本を買うのと同じ値段なのですが、 聴き放題なのでついつい欲張ってしまいます。

Audibleのデメリットその3「長い」

長い。 1作品4時間ほどあります。本を読む時間がないから・・と思っている方は注意です。 通勤中に小分けにして聴くという方法もアリと思っていましたが、 小分けに聞くと、内容を把握するのに時間がかかるので、 本で一気に読む方が早いです。 もちろん倍速も出来ますが、早くしすぎると不快音になってしまいます。

Audibleのデメリットその4「声が単調」

Febeでは有名な声優さんが朗読をされていますが、 それに比べてAudibleで朗読されている方はナレーターで、 若い声の人が少ないです。少し固めの印象です。 個人的にはもう少しくだけた雰囲気で 読む方がいてもいいのになと。

Audibleのデメリットその5「いらないシステム」

よくわからない記録システム。 たくさん聴けば、バッジがもらえます。 ・・いらない! Screenshot_2016-07-08-23-59-32 Screenshot_2016-07-08-23-59-53Screenshot_2016-07-08-23-59-57
聴いた時間を記録できるのはいいのですが、お知らせにいちいち出るのが不満。

Audibleのデメリットその6「要約版が短い」

読みたい本が「要約版」のみ。 
アメリカでは忙しいビジネスマンが要約版を選ぶことが多いそうですが、
どっちも選べるようにしてほしいです。要約版は短すぎて、 意味がないです。

Audibleのメリットとは?継続することにしました

散々デメリットを述べましたが、継続することにしたので、 今度はメリットを紹介します。

Audibleのメリットその1「前向きになる」

自己啓発のジャンルが多すぎる!と言っていた私ですが、 聴いてるうちに、なんと前向きになってきました。 この本も同じようなこと言ってるなーくらいに思っていたんですが、 同じようなことを聞くことにより、自分の中に落とし込めた感じです。 しかも人に説明もできるようになります。 やはり耳で聴いた方が、頭に残りやすいようです。

Audibleのメリットその2「眠れない日にお勧め」

眠れない日に聴くとちょっと得した気持ちになる。 普段は眠れないだけで、気持ちの焦りが出たりしますが、 オーディオブルを聴いていたら、生きるヒントが得られます。 声も単調なので寝落ちすることもあります。 スリープタイマーもあります。

Audibleのメリットその3「語彙力があがる」

本だと、これ何て読むんだっけ?と思っても飛ばすこともありますが、 朗読してくれるので、語彙力があがります。 あー、そうそうこういう表現とか、言い回しあったなー。と気づくことが出来ます。

まとめ

思ったよりもイイ(・ω・)ノ
聴いているうちにハマっていくよ。

Audibleで聴いた作品を評価が高い順に並べました。
yajirushi

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。