2016
03.02

町田くんの世界レビュー:子育ての成功例を見たきがする

読書感想文

<スポンサードリンク>

町田くんの世界 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)

2巻まで読みました。
いろいろ漫画を読んでいると先入観から入ってしまうようになり、
1巻の表紙をみる限り「町田くん」は「坂本ですが?」みたいな
自分だけの独特な世界を持っている少年の話かと思って手に取りました。

しかし。違いますね、これ。
ほっこりした話ですよこれ。

見た目も地味で、勉強も特に出来ない、スポーツもダメ。
だけど、目立たないところでいろんな人をちゃーんと見ていて
サポートしている町田くん。
みんなから愛されています

その愛され感が、嫌味なく、ナチュラル。
漫画だとわざとらしく表現されてしまうこともあけど
読んでいてまったくそう感じさせない。

町田くんは「人が好き」なのです。

人が好き。。。。。

読んでいてちょっとうっ、となった。
人が好きで少しでも誰かを幸せにしたいと思える心なんて
自分はもっていないかもしれない(けど持ちたいと思う)

子供を産んでこんな子だったら、もしくは近くにこんな子がいたら、
いや、自分も自分に関わる人を少しでも幸せにできるか。。
そんな風にやんわり考えてしまいました。

そう、やんわり。
この漫画は特に問題提起をしているわけでも
大きなストーリー展開があるわけでもない。
日常に寄り添うようなストーリーだから、読んだ後
ぼんやりと考えてしまうのかもしれない。

町田くんの世界(2) [ 安藤ゆき ]

町田くんの世界(2) [ 安藤ゆき ]
価格:432円(税込、送料込)

2巻の表紙では、これ文字になってるように見えるんですよね。
町田くんがもたれている柵と、町田くんの足が。気のせいか?

明朝っぽい字をどかーんと前に出してアンバランスに配置するっていうの
ちょっとした流行りでしょうか?雰囲気オシャレですよねー。

この町田くんの憂鬱そうな表紙では、ちょっとイジメでもあってるかのような
暗い表情に見えます。。(実際はそういう話ではない)

評価:

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。