2016
03.03

恋は雨上がりのように感想:なぜ店長を好きになったかわかりにくい

読書感想文

<スポンサードリンク>

」読みました。実写化の予感

恋は雨上がりのように(4) [ 眉月じゅん ]

恋は雨上がりのように(4) [ 眉月じゅん ]
価格:596円(税込、送料込)

今年注目の漫画として紹介されていたので手に取りました。
「恋は雨上がりのように」 1〜4巻まで発売中ですね。
表紙の美しさから、期待して読みました!

ストーリーは、17歳の女子高生がバイト先の40代半ばの店長に恋をするという話です。
ただ最初に「高校生とおじさんの恋愛」という設定を聞いていただけに、

なぜ恋をしたかというの納得できるポイントがもう少しほしい。と思いました。

可愛い女子高生が、なぜ枯れ線なのか。どうか教えてほしい。
その理由が4巻まで読んでいた中で見つけることが出来なかった。
というか気づいたら必死で探していた。

一応部活でうまくいかず、落ち込んでいた時にコーヒーを出してくれた、
そんなやさしい店長に惹かれた。という描写があります。

しかし!それじゃあ納得がいかないんだ。
主人公、橘あきらの性格や考えていることもすごく分かりにくい。
クールに見えて、実は・・・という漫画の王道スタイルにのることなく
淡々と進んで行く。

この感じでは結末は、店長が小説家という夢をもう一度追いかけて夢を叶え、
あきらとは「信頼できる関係」で終わりそうな気がしてきた。
ただ、店長の友達は有名な小説家であり、店長は夢が叶わなかった側の人間。
そこを無理やり、10代の女子高生との出会いでもう一度夢を叶えるというのも
現実味がない。そう、この漫画を読んだ違和感・・

「ありえない設定」と「物悲しい現実」という世界の統一感がない
漫画的に進めていくなら、もっと思い切った展開にしてほしいし、
女子高生とおじさんのジェネレーションギャップを面白おかしくしてくれないと
単に店長がかわいそう。。
現実的な詩的なストーリーにするのであれば、途中から
頑張れば夢は叶うし、年いってても女子高生とも付き合える!という展開には
してほしくはない。と思ってしまう

アラサーが「恋は雨上がりのように」でトキめいた点

この漫画を手に取る人は少しトキメキを求めているのかもしれないが、
少女漫画のようなトキメキは残念ながらない。

ただ、主人公あきらの美しさはとてもよかった
「若さ」という言葉が絵でも表現されている。それでいて色気もある。

いいな、と思ったシーンは
あきらが足を怪我していて病院に行った際、靴下を脱ぐ際に
店長に見られてるのを知って、恥ずかしがるシーン。
マニキュアを塗っていなかったのでためらったということですね。
これは分かりますよね。

あと休憩室で鏡を見ていて、店長が入ってきたときに
ぱっと隠すところ。そういうういういしい描写があったところがよかったです。

ドラマとかになりそうな予感はします。

評価:

恋は雨上がりのように(1) (ビッグコミックス)

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。