2016
07.30

これは怖い。女子の人間関係を読んだ感想。一体どうすれば・・

読書感想文

<スポンサードリンク>

女子の人間関係
女子の人間関係という本を読みました。
精神科医の先生が書いた本です。最近「精神科医」と書けば本が売れるって、
別の本に書いてありました笑

もっとドロドロした感じかと思いきや、そこまで深い部分はなかったです。
しかし!思わず納得してしまったの箇所がたくさんありました。
それがこちら。

P.18「自分の意見と違う意見を持っていると人を見ると「自分が否定された」と感じがち
p.19「自分の敵か味方か」を区別したがる
p.23「選ばれる」ということを中心に世界が回っている
p.24「ある女性が選ばれたということは「選ばれなかった」人がいる=意地悪やバッシングに。ひがみととらわれないように「正論」や「客観論」風に語られる
p.34「子どもも産んでいないくせに」という非難が単に「子育て経験がないことによる無知や親としての人間的成長がないこと」にとどまるのではなく、広範囲の人格攻撃になるのは「子供を産み育てるために自分の可能性の多くを犠牲にした」という思いがまだ癒されていないからとも言える。
p.35「自分が「べき」で縛られている人は、他人のことも「べき」で縛りたがる
p.39「言わなくても察してもらえる」ことは女性にとってとても重要
p.62「どのライフスタイルを選んでも失うものがある」
p.69「決めつけが多いほど不安が強い」
p.80「かわいい子に「かわいい」といって放漫さを調べたり、あまりかわいくない子に「かわいい」といってみて「勘違い度」をチェックしている
p.123「女に嫌われないためには「ちょっと変わった人になる」

実践編として使えそうだと思ったのは、
「自分が変わっているから」という雰囲気を前面に出せば、嫌な気持ちを抱かれるリスクを減らせる。という箇所。そうそう。そうなのよ。変りもの感出してると、誰からも攻撃されないのよね。

こんな人いるいるー!とうなずける本でした。
要は、人から妬まれないように立ち振る舞おう。ってことですよ。

この本には出てこなかったけど、もっとやっかいで危ない女性もいると思うので、
そういう人に出会ったら逃げた方がいいと思います。
すべての人とうまくやろうなんて、そもそも無理だと思うなぁ。

しかし、この本の内容を理解し、女子の特徴をわかっているとうまくやり過ごせるかもしれませんね。
女子の人間関係2イラストはnoritakeさんです。 カバーを外しても、絵があります・・。
無表情なのに攻める絵ですよね。

review3

女子の人間関係

<スポンサードリンク>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。