不道徳教育講座 三島由紀夫を読んだ感想

三島由紀夫の小説以外にも読んでみました。エッセイもあるんですね。
滅びの美学とはなんぞや、と思って手にした本です。

読む前は、非人道的なことを書いているのかと思いましたが、
いろんなことを斜めからみて皮肉っているというか、逆説を唱えているような感じです。
全然暴力的なことも書いていないし、暗い話でもないです。わりとユーモアがある感じです。

ただ、やはりこの御方は、いろんなことを敏感に感じ取りすぎてこれじゃ
疲れるのではないかなぁ、と思いました。
小説家といえば天才的な能力で自由な生き方をしているようにみえるけど、
どこかで息苦しそうな部分もやはり感じますね。
三島由紀夫はよく太宰治を批判し、こんな弱っちいのはだめだといっていましたが、
よく名前が上がるということは、自分の中に同じ要素があったのかなと感じました。

他の作品も読んでみようと思います。

不道徳教育講座 (角川文庫)

ピンクのカバーをとると、こんなにレトロな表紙。

広告
最新情報をチェックしよう!
>おすすめの靴下

おすすめの靴下

洗ってもボロくならない! 千代治の靴下リピートしてます。